今年も畳作りは熊本からスタートします-4


畳表(たたみおもて)の原材料「イグサ」
本物のイグサのこだわり、熊本イグサ農家(園田さん)から直販で仕入れ
毎年、イグサ農家に作業のお手伝いに行っています
今年は10年目の節目の年
10年目の熊本訪問、以下のページからの続きです



10月7日

午前中、苗挿し作業に没頭し
午後からも苗挿し作業で座りっぱなし的な作業が続き
ここら辺でグイグイ身体を動かしたと思った夕方に
園田さんから「苗叩きに行きますよッ!!」と田んぼに向かいました

[苗叩き(なえたたき)]
田んぼ(畑)に植えてある苗を引っこ抜いて
専用の泥落とし機で泥を落とす作業


b0091423_10510370.jpg
b0091423_10512707.jpg
b0091423_10515282.jpg
b0091423_10522099.jpg
台風一過の翌日も、熊本県八代市は晴天に恵まれ農作業日和でした

b0091423_10551271.jpg
b0091423_10552963.jpg
b0091423_10554616.jpg
近年の苗作りで、今年が一番上手く仕上がった
園田さん自信の苗
濃い緑で、艶々の苗は、来年素晴らしい畳表になることでしょう。。。


研修2日目は日が暮れるギリギリまで田んぼで作業をして
作業小屋に戻り苗挿しを夕飯まで

夕飯が終わると、園田家の方々から嬉しいサプライズ(^ム^)
b0091423_13032287.jpg
熊本訪問10年目を記念してケーキでお祝いして頂きました
突然きたサプライズに(まあ、サプライズって普通予告しないから突然だわ)
感激して目頭が熱くななる44歳水瓶座ww

思い起こせば10年前は産地に自費で通う畳屋なんて変わり者だった気がします
昨今はSNS等の発達で産地農家と畳業者の交流も多くなったようです
もっと沢山の畳屋さんが産地農家を訪れて真の情報を得て
そして、イグサ生育の手伝いに行ってくれることを願います
地方問屋からの情報では真のイグサ、畳表のことは解らないに等しいでしょう
そして、農家の苦労も解らないでしょう
おっとッ!!面倒な話はこのくらいで止めときます(・。・)


10年目のお祝いで食べたケーキは、とても美味しくて幸せでした
そしてその後は夜業へ。。。


10年目にふさわしい濃い一日
さて、3日目は最終日
搭乗時間に間に合うギリギリまで仕事しますよ(^_-)-☆






                                                                                                             






[PR]
by vivajieigyou2 | 2014-10-15 05:34 | 2014畳表生産農家研修 | Comments(0)